人気blogランキングへ
くつろぐブログランキング
↑クリックにご協力お願いしますm(._.)m

2006年02月03日

知育玩具

0歳から3歳という時期は、
人間の成長過程のうちもっとも重要な時期です。

それは「脳の発達」において、
大人の脳の80%が3歳までに発達するから。

この時期の幼児は何でもスポンジのようにどんどん吸収していきます。

0歳から3歳に受けた刺激の質や量が、
その子の脳の発達度合に比例する、
つまり3歳までに出来るだけ多くの刺激を赤ちゃんに与えることで、
赤ちゃんの脳をより発達させてあげられるのです。

この期間にできるだけ良い刺激を、
愛情を持って、できるだけたくさん与えてあげてください。

この刺激というのは、親の語りかけであったり、
見た景色であったり、聴いた音楽であったり、
おもちゃ遊びであったりします。

おもちゃには、赤ちゃんの成長を促すチャンスがたくさんあり、
また赤ちゃんと赤ちゃんを取り巻く環境との道をつくってくれます。

おもちゃと遊び、周囲にある「不思議」に出くわすたびに
赤ちゃんは自分の能力の微調整を行い、学習のペースを早めます。





TINY LOVE タイニーラブ


新生児ベビーには、上記のような製品がオススメ。
遊ぶ、触る、舐める、這う、見る、蹴るなどでき、
マットもアーチもすべて布で覆われているから安心。


また、少し成長してきたら

・使い方が決まっていないもの
・自分の工夫で使い方が広がりそうなもの
・危険性がなく、長持ちするもの

などを考慮しておもちゃを選びましょう。
一つのおもちゃで何通りもの使い方ができることがポイントですd(-。・。)


中でもオススメなおもちゃは【積み木】。

積み木は、形が単純なので、子どもたちの想像力が豊かになり、
また、構成力・空想力・思考力・集中力などが自然に育つものなのです。






posted by まいまい at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。